HOME > 新潟県後期高齢者医療広域連合について【広域連合の概要】

新潟県後期高齢者医療広域連合について

広域連合の概要

広域連合長あいさつ

新潟県後期高齢者医療広域連合長

新潟県後期高齢者医療広域連合長の篠田昭でございます。

後期高齢者の皆様をはじめ、医療機関や県内各自治体、その他関係者の皆様におかれましては、平素より当広域連合の運営につきましてご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

当広域連合では、県内にお住まいの後期高齢者の皆様が適切な医療を受けられ、安心して生活を送ることができるよう、更なる努力をしてまいる所存でございます。今後とも県民の皆様をはじめ、関係者各位のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

新潟県後期高齢者医療広域連合長

篠田 昭

(新潟市長)

新潟県後期高齢者医療広域連合の概要

名称 新潟県後期高齢者医療広域連合
所在地 新潟県新潟市中央区新光町4番地1 新潟県自治会館本館3階
設立年月日 平成19年3月1日
構成市町村 新潟県内全市町村
広域連合長 篠田 昭(新潟市長)
 副広域連合長 渡邊 廣吉(聖籠町長)
広域連合の事務 ・被保険者の資格の管理に関する事務
・医療給付に関する事務
・保険料の賦課に関する事務
・保健事業に関する事務
・その他後期高齢者医療制度の施行に関する事務
運営経費 事務費などの共通経費は、構成市町村の分担金で
賄う

制度施行までの経緯

平成18年6月14日 「健康保険法等の一部を改正する法律」の成立に
伴い、平成18年度中に、都道府県ごとに全市町村
が加入する「広域連合」を運営主体として実施する
新たな後期高齢者医療制度が創設されることに
決定
平成18年9月1日 「新潟県後期高齢者医療広域連合設立準備委員会」を設置
平成18年9〜11月 準備委員会幹事会(県内全市町村の老人医療
担当課長で構成)で広域連合規約等について
具体的な内容の検討、協議を行い、準備委員会で
広域連合規約を承認
平成18年12月
   〜平成19年2月
県内市町村議会において広域連合規約を議決
平成19年2月27日 新潟県知事から設置許可
平成19年3月1日 新潟県後期高齢者医療広域連合を設立
平成19年3月16日 広域連合長の選挙が行われ、新潟市長 篠田昭
氏が選出
平成19年6月 広域連合議会議員選挙
平成19年7月25日 第1回広域連合議会
平成19年11月27日 第2回広域連合議会
平成20年2月19日 第3回広域連合議会
平成20年4月 後期高齢者医療制度施行