HOME > 後期高齢者医療制度について【お医者さんにかかるときは・・・】

後期高齢者医療制度について

お医者さんにかかるときは・・・

被保険者証の提示

お医者さんにかかるときには、被保険者証を忘れずに窓口に提示してください。

自己負担割合は、かかった医療費の1割(現役並み所得者は3割)負担です。

保険証に自己負担割合が明記されておりますので、ご確認ください。
自己負担割合の区分はこちらをご覧ください。


限度額適用・標準負担額減額認定証の提示

住民税非課税世帯の方は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関に提示すると、窓口での医療費の自己負担額入院時の食事代が減額されます。

※住民税非課税世帯の方は、入院の際この減額認定証が必要となります。
 お持ちでない方は、市(区)町村の窓口に申請してください。
 ●対象者  世帯の全員が住民税非課税の方
 ●申請に必要なもの 保険証 本人の印かん 
               個人番号(マイナンバー)がわかるもの

         限度額適用・標準負担額減額認定証(見本)