HOME > 後期高齢者医療制度について【制度の概要】

後期高齢者医療制度について

制度の概要

制度の概要

急速な少子高齢化が進み、高齢者の医療費が増える中、現役世代と高齢者世代の負担を明確にし、公平で分かりやすい制度とするため、75歳(一定の障がいのある人は65歳)以上の方を対象とした「後期高齢者医療制度」が平成20年4月に創設されました。

制度のポイント

対象者は75歳以上の方となります。一定の障害のある方は65歳以上です。 窓口での自己負担割合は、一般の方が1割、現役並み所得者が3割です。 保険料は、原則として年金から天引きとなります。申し出により口座振替への変更も可能です。 制度の運営は、新潟県後期高齢者医療広域連合が行います。 申請の受付や届け出はお住まいの市町村が行います。

被保険者となる方

  新潟県内にお住まいの75歳以上の方は 、後期高齢者医療制度の被保険者となります。

   
 対象となる方
  ◎75歳以上の方(加入手続き不要)
  ◎65歳から74歳までの一定の障がいのある方(加入の際は申請が必要)


   一定の障がいのある方とは
    ◎身体障害者手帳1〜3級
    ◎身体障害者手帳4級をお持ちの方で、次のいずれかに該当される方
      ・音声機能、言語機能の著しい障害
      ・両下肢すべての指を欠くもの
      ・1下肢を下腿の2分の1以上欠くもの
      ・1下肢の著しい障害
    ◎療育手帳「A」
    ◎精神障害者保健福祉手帳1〜2級
    ◎国民年金法による障害基礎年金、障害年金受給者など


後期高齢者医療制度に加入する方に、会社の健康保険などの被用者保険の被扶養者の方がいる場合
  被扶養者の方が後期高齢者医療制度の対象とならない場合、その被扶養者の方は国民健康保険又はその他ご家族の被用者保険に加入します。
  この際、国民健康保険又は被用者保険への加入手続きが必要となります。