HOME > 後期高齢者医療制度について【こんな時には届け出を】

後期高齢者医療制度について

こんな時には届け出を

 

資格を取得・喪失したとき

   窓口 : お住まいの市区町村『後期高齢者医療担当窓口』
こんなとき 届け出に必要なもの
加入する
とき
65歳から74歳までの方で一定の障がいがあり、後期高齢者医療制度へ加入を希望するとき 保険証
印かん
障がいの状態を確認できる書類(1つ)
  •   ・国民年金証書
  •   ・障害者手帳
  •   ・医師の診断書 など
個人番号(マイナンバー)がわかるもの
県外から転入したとき 負担区分等証明書
印かん
個人番号(マイナンバー)がわかるもの
生活保護を受けなくなったとき 保護廃止または停止の通知
印かん
個人番号(マイナンバー)がわかるもの
脱退する
とき
65歳から74歳までの被保険者が、後期高齢者医療制度から脱退を希望するとき 保険証
印かん
個人番号(マイナンバー)がわかるもの
県外へ転出するとき 保険証
印かん
個人番号(マイナンバー)がわかるもの
生活保護を受けることになったとき 保険証
保護開始決定通知書
印かん
個人番号(マイナンバー)がわかるもの
死亡したとき 亡くなられた方の保険証
葬儀を行った方(喪主)の印かん
葬儀を行った方(喪主)の預金通帳
その他 県内で住所が変わったとき 保険証
印かん
個人番号(マイナンバー)がわかるもの
保険証の紛失等で再交付を受けるとき 身分を証明するもの
印かん
個人番号(マイナンバー)がわかるもの
交通事故にあったとき 第三者行為による被害届
事故発生状況報告書
念書(兼同意書)
交通事故証明書(物件事故の場合は人身事故証明書入手不能理由書)
保険証
印かん
個人番号(マイナンバー)がわかるもの
 ※手続きで窓口に来られる方の身分証明、印かん等が必要となることがあります。

交通事故にあったら

交通事故など第三者の行為によって、けがや病気をした場合でも、届出により保険証を使って診療を受けることができます。
 この場合、後期高齢者医療が医療費を一時的に立て替え、あとで加害者に請求をすることになります。


注意・・・示談は慎重に

警察とお住まいの市区町村窓口に届け出を出す前に、加害者から治療費を受け取ったり、示談を済ませてしまうと、保険証が使えなくなることがあります。 すでに保険証を使用して受診した場合には、保険給付分(医療費の9割もしくは7割)を返還していただくこともありますのでお気を付けください。

示談の前に必ず警察とお住まいの市区町村窓口に届け出てください。
※この届出は、高齢者の医療の確保に関する法律施行規則第46条で義務付けられていますので、ご理解をお願いします。

※必要書類は以下からダウンロードできます。市区町村窓口にも備え付けてあります。
  1.第三者の行為による被害届書(PDF)
  2.事故発生状況報告書(PDF)
  3.念書(PDF)

こんなときも届け出が必要です
  ・自損事故で運転手がケガをした場合
  ・自損事故で同乗者がケガをした場合
  ・自動車以外の事故でケガをした場合
  ・暴力行為によりケガをした場合
  ・近所の飼い犬などに咬まれてケガをした場合
  ・介護施設、病院内での事故でケガをした場合 など

ご注意ください
 業務上のケガや病気は、労災保険が適用されるか、労働基準法によって雇用主の負担となり、保険証を使用することはできません。
 労災保険の手続きについては、所管の労働基準監督署にお問い合わせください。