新潟県後期高齢者医療広域連合

令和2・3年度の保険料について

令和2・3年度の保険料率が決定しました

令和2・3年度の保険料率が変わります。

後期高齢者医療制度の保険料率については、法律に基づき、2年に一度の見直しを行うこととなっています。令和2年度及び令和3年度について、新潟県の今後予想される被保険者数や医療費の動向を踏まえて算定を行った結果、約37億円の財源不足が見込まれるため、令和2年度より保険料率の引き上げを行います。

被保険者の皆様に、ご負担をおかけすることになりますが、今後も安心して医療を受けていただくための改定ですので、何卒ご理解のほどよろしくお願いします。

新年度の保険料及び納付方法は、お住いの市町村から7月中旬に加入者の皆様にお知らせいたします。

R2R3_ritu.png

「均等割額」について軽減が受けられる場合があります。

詳しくは『令和2年度の保険料の軽減について』をご覧ください。

保険料の決まり方

保険料は、被保険者が等しく負担する「均等割額」と、被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」の合計です。前年中の総所得金額等や世帯の所得状況により、個人単位で賦課します。

R2R3_hokenryou.png

保険料率の見直しについて

後期高齢者医療制度の保険料は、高齢者の医療の確保に関する法律により、2年ごとに見直すこととされています。

また、算定に当たっては国から示された基礎数値や、新潟県の今後予想される被保険者数や医療費の動向を踏まえて算定を行っています。

(1)医療費のしくみ

 ・後期高齢者医療制度の医療費は、患者本人が医療機関等の窓口で支払う一部負担金と医療給付費で構成されています。医療給付費は、その約5割を公費、約4割を若い世代の保険料、残りの約1割を保険料として、それぞれの負担割合が明確に定められています。

 ・保険料として負担する割合を後期高齢者負担率(後期高齢者の負担割合)といい、これは高齢者と若年者の人口比率により国が計算し決定しており、保険料算定の基礎数値となります。

R2R3_sikumi2.png

(2)料率改定における国から示された基礎数値等

・後期高齢者負担率の引上げ 11.18%11.41%

・診療報酬改定 令和元年度改定分:▲0.07% 令和2年度改定分:+0.10%  

診療報酬とは・・・

 保険医療機関及び保険薬局が保険医療サービスに対する対価として保険者から受け取る報酬

(3)新潟県の今後予想される被保険者数及び医療費の動向

令和元年度 令和2年度 令和3年度
平均被保険者数 375,457人 373,556人 369,055人
一人当たり医療給付費 699,881円 706,318円 712,523円

(4)収支の見込みsyuusi_mikomi.png

・平成30年度及び令和元年度において生じると見込まれる剰余金28億円は全額活用します。

・新潟県設置の財政安定化基金(令和2・3年度に活用可能な金額は18億円)は、次回令和4・5年度以降の料率改定における団塊の世代の後期高齢者年齢到達に伴う医療費の増加を見据え、新潟県との協議の結果、今回は活用しないこととしました。

(5)算定結果

上記のように、令和2・3年度において、改正前の保険料率では財源不足が見込まれることから、それを賄うために必要な保険料率を下記のとおり定めました。

R2R3_ritu.png

「均等割額」について軽減が受けられる場合があります。

詳しくは『令和2年度の保険料の軽減について』をご覧ください。

このページに関するお問い合わせ先

新潟県後期高齢者医療広域連合 業務課
TEL:025-285-3222 FAX:025-285-3315

このページの先頭へ戻る