新潟県後期高齢者医療広域連合

新型コロナウイルス感染症に係る保険料の減免について

 新型コロナウイルス感染症の影響を受けた方で、次のいずれかに該当すると保険料が減免されます。

保険料減免対象者・減免額

1.新型コロナウイルス感染症により世帯の主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った世帯の方 ⇒ 保険料の全額免除

2.新型コロナウイルス感染症の影響により世帯の主たる生計維持者の収入減少が見込まれる世帯の方で、次の①~③の全てに該当する方 ⇒ 保険料の一部を減額      ●世帯の主たる生計維持者について                        

① 事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入のうち、収入の種類ごとに見た令和2年の収入のいずれかが令和元年に比べて10分の3以上減少する見込みであること。

② 令和元年の所得の合計額が1,000万円以下であること。

③ 収入減少が見込まれる種類の所得以外の令和元年の所得の合計額が400万円以下であること。

◆世帯の主たる生計維持者の収入減少による保険料の減免額の計算方法◆

 減免対象の保険料(A×B/C)に令和元年の所得の合計額に応じた減免割合(D)を掛けて計算します。

 ◎減免対象の保険料(A×B/C)

  A 減免対象となる令和元年度または令和2年度の保険料

  B 世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入に係る令和元年の所得の合計額

  C 世帯の主たる生計維持者と世帯の被保険者の令和元年の所得の合計額

◎所得の合計額に応じた減免割合(D)

gennmennwariai.jpg

【減免額の計算例】

  • 75歳以上の夫婦世帯の場合(世帯の主たる生計維持者:夫)
  • 令和2年の夫の事業収入が令和元年よりも30%以上減少する場合

●世帯全体の令和元年の所得合計額 180万円                   夫:事業所得 100万円、年金所得 70万円 ⇒ 合計170万円          妻:年金所得 10万円                            

●世帯全体の令和2年度の保険料合計額 188,200円             夫:147,800円  妻:40,400円               

※主たる生計維持者である夫の令和元年における所得の合計額(170万円)が300万円以下であるため、減免割合は10分の10を適用。

   (A)      (B/C)      (D)

夫 147,800円 ×(100万円/180万円)×(10分の10)≒ 82,200円              妻  40,400円 ×(100万円/180万円)×(10分の10)≒ 22,500円

夫減免額   妻減免額   世帯減免合計額                       82,200円 + 22,500円 = 104,700円

減免対象となる保険料

令和元年度分・令和2年度分の保険料のうち、納期限が次の期間のもの

 普通徴収(口座振替・納付書払)または特別徴収(年金天引)の納期限が令和2年2月1日から令和3年3月31日までのもの

手続き

申請場所

お住まいの市町村の後期高齢者医療担当窓口

市町村へ申請する際に必要な書類

※収入見込額申出書に添付する書類は、要件によって必要なものが異なりますので、詳しいことは、お住まいの市町村の後期高齢者医療担当窓口または当広域連合までお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ先

新潟県後期高齢者医療広域連合 業務課                        TEL:025-285-3222 FAX:025-285-3315

このページの先頭へ戻る